×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Z1000MK2のレストア&カスタム情報

Z1000MK2 レストア&カスタム情報

Z1000MK2をはじめ旧車と呼ばれているオートバイの部類は、生産終了からすでに30年近い年月が経っていますし、安全のためにも、走る・止まる・曲がるといった基本性能を維持維持するために、フレームやエンジンのレストアは必須となるでしょう。

カワサキのZ系は現在でもリプレスメントパーツからカスタムパーツまで豊富なので、Z1000MK2の整備・補修・カスタムに苦しむことはないと思います。
またZ1000MK2は販売していた期間がたった2年だったので、中古車市場でもタマ数が非常に少なく、なおかつ高値が付いています。
これからZ1000MK2の購入を考えているのでしたら、充分にベース車両の程度の良し悪しを確認した方が良いでしょう。



Z1000MK2の中古車相場を見る!

またZ1000MK2やZ1000J、Z1000Rなど「角Z」と呼ばれるカワサキZは、走りを重視したカスタムバイクが多く、エンジンや基本フレームを共有するZ1/Z2をコレクションバイクとして好むカワサキ党とは一線を画すところです。
最近の傾向ではSTDに近い状態のZ1000MK2を楽しむ人が増えたと思いますが、角Z=カスタムというイメージは根強く残っています。

また、リプレスメントパーツを使ってZ1000MK2をSTDに近いレストアをしていくより、アフターパーツや流用パーツを使ってカスタムしていった方が、結果的に安く収まることも多いですし、性能的にも安定させやすい場合もあります。
一度はZ系を得意とするショップに相談してみることをオススメします。

Z1000MK2はカワサキ角Zを代表する無骨のオートバイ。Z1000MK2のレストア&カスタム情報を紹介していますので、ぜひ参考にして下さい!

CB750FCB1300250TRCB400FFTRGSX-R1000

経済